ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーの設置費用

ウォーターサーバーを導入する際にかかる費用についてまとめてみます。
最近では、サーバー自体は無料でレンタルするという会社が増えてきました。
病院はオフィスでウォーターサーバーを導入されているところが増えています。
それに伴い、ウォーターサーバーを扱う会社が増えてきました。
扱う会社が増えると消費者側も選択肢が増えますので、そこで各社とも顧客獲得のために値下げや、レンタル料無料、
無料お試し期間などを設けるようになりました。
とは言え、ウォーターサーバーの導入にはコストがかかります。
具体的にどのような費用が必要なのか、以下にご紹介します。
初期段階でかかる費用、月にかかる費用を計算して、ご家庭の都合に合う購入方法で取り入れてください。

 

こちらもおすすめ⇒ ウォーターサーバー人気ランキング

 

1.お水の料金
ウォーターサーバーは、サーバーだけあってもどうしようもありません。
サーバーに設置するお水は、サーバーを購入・レンタルした会社から買う必要があります。
ほとんどの会社が、12リットルのタンクで1,000円から2,000円くらいで販売していますが、
お水の種類によって金額は前後します。
また、お水自体の値段も会社によって設定されている金額がありますので、
利用料が多い家庭は、お水の値段が安いところを選ぶことをおすすめします。

 

2.サーバーレンタル費用
ウォーターサーバーが広く普及してきた現在では、レンタル料が無料のところが増えました。
サーバーの費用がかからず、毎月お水だけを購入する。
これが一番理想的な形だと思ますが、逆に、サーバーのレンタル料はかかるけど、お水の料金がとても安いという会社もあります。
レンタルした場合の費用ですが、多くの会社は500円から1,500円ほどで設定しています。

 

3.配送料金
お水の配送料は無料のところが多いです。
ほとんどの会社が、毎月の最低発注数を定めています。
配送料はこちらが負担するから、お水は最低でも月1回、1本は頼んでくださいという感じです。

 

4.メンテナンス費用
メンテナンス費用とは、サーバーを定期的にメンテナンスしてくれるサービスです。
サービスとは言っても、無償でやってくれるところもあれば、いくらかお金がかかる場合もあります。
メンテナンス自体が不要というサーバーもありますが、ずっと使っているとやはり劣化しますし、汚れも出ます。
その為、メンテナンスはできればしておいた方が良いでしょう。
料金は会社によってまちまちです。
契約の際には必ず確認しておいてくあさい。

 

5.その他の費用
使い始めてしばらくして解約をする場合、みなさん見落としがちですが、解約費用が発生する会社もあります。
多くは、ある程度の期間(1年・半年等)を経過すれば解約費用は出ません。
そのあたりも、契約する前にきちんと確認しておきましょう。